本資料が、「エンジニアコミュニティへのアプローチが数あるマーケティングチャネルの中で最適なチャネルなのか、製品のターゲットとマッチするのか」といった判断にお役立ていただけますと幸いです。